今度も増える?!コロナ解雇

新型コロナウィルスの影響でリストがが激化しているようです

主に観光業で多いとのこと

厚生労働省は31日、新型コロナウイルスによる業績悪化などで、解雇されたり雇い止めされたりする見込みの人が、30日時点で1021人に上ったことを明らかにした。観光バス事業や宿泊業が多いという。

やはり予想していたことが起きましたね。

リーマンショックや東日本大震災の時も派遣切りとかリストラとかが多く発生しました。

今後もコロナウィルスが終息せず長引けばジリジリと同じような事態が続きます。

2020年は失業率がグンとアップするはずです。

解雇される方は非常に気の毒であります。

しかし一方で雇い主の方も気の毒であります。

解雇する側も本当は非常に辛いことでもあります。

だから「経営者が首にするなんてけしからん!」と責めてばかりはいられません。

これは国をあげて中小企業を中心に支援策を行うべきでありましょう。

具体的にはどうしたらよいか・・・

    1)国から補助金を支給する

    2)国が超低金利もしくは無金利で融資を行う

    3)法人税、その他税金の減免を行う

・・・・まぁ実際に上記の施策が検討されているようですが、これが本当に多くの苦しんでいる企業に行われるかというとはなはだ疑問であります。

なんか適当な理屈をこねて国が支援を行わない可能性が高いです。

国は普段は税金ばかり搾り取るだけ搾り取っているけど、いざその税金を国民や企業にしっかり還元しているかというと、そうでもなさそうだし。

もっと公務員や国会議員を減らせ!と言いたい。
税金の無駄だから・・

特に参議院なんていらないね

だから国はあまりアテにはならない

最後に頼れるのは自分自身ということになりますね。